HOME > 太陽光発電について > 太陽光発電とは

時代を支える発電法


↑太陽光発電一括見積サイト
太陽光発電は、現在存在する発電方法の中で、最もクリーンで環境を保護できるエネルギー製造方法です。なぜなら、太陽光発電は、システムを設置した後、これを稼動させるためのエネルギーを必要としません。また、様々な研究が重ねられ、システム自体を製造するためのエネルギーもどんどん低く抑えられるようになり、比例してCo2の排出も少なくなっています。つまり、これからの時代を支える発電方法といえます。


日照量が発電量を決める

太陽光発電システムは、日光が当たると、光の太陽エネルギーを電力へ変換するという方法でエネルギーを作り出します。ですから、日の光が一番強い、南向きにシステムを設置すると、最も効果が高く、次に西向き、東向きの順で効果的です。曇りや雨の日はエネルギーの生成が非常に低くなります。また、シリコン系のシステムは、システム自体の温度が上昇すると、発電効率が下がるという特性もあります。

太陽光発電の一括見積はコチラ>>

このページのトップに戻る