太陽光発電の補助金制度について


↑太陽光発電一括見積サイト
地球温暖化に備えるため、環境を意識したCO2削減推進のために、太陽光発電システムの導入には、一般の家庭に対しても、補助金制度が設けられています。
補助金には、国により補助と、地方自治体による補助の2つの種類があります。
「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」と呼ばれるものが国からの補助となり、2009年に復活したこの補助金制度は、2012年から1kWあたり30,000円もしくは35,000円の二段階で分けられるようになりました。
また、地方自治体からの補助金には、市町村から出る補助金と、都道府県から出る補助金の二種類があります。
どちらも、地域によって、交付金額や交付条件が異なっていますので、必ず該当する地方自治体に確認する必要があります
地域によっては、補助金のおりない地方自治体もありますので注意が必要です。
通常、補助金の申請に関する手続きは、設置業者が代行してくれるケースが多いので、太陽光発電の一括見積サイトなどで、設置業者を見つけましょう!


補助金の具体例

実際に受け取ることができる補助金について、東京都世田谷区で3kWの太陽光発電システムを導入したケースを例にして考えてみましょう。
(2012年4月18日 時点)

国から受けられる補助金 90,000円
東京都から受けられる補助金 300,000円
世田谷区から受けられる補助金 90,000円
合計 480,000円

詳細は下記をご確認ください。
http://www.ecoguide.jp/solar_power/subsidy/result.php?state=tokyo&city=setagayaku

太陽光発電一括見積を試してみる>>

助金を申請する流れについて

「住宅用太陽光発電導入支援補助金」を申請する手順は、申込書を提出し、補助金申込受理決定通知を受け取ってから、システムの設置工事という順序で行います。工事か完了し電力需給が開始したら、2度目の補助金交付申請書を提出し、補助金交付決定通知を受け取ると、補助金が受領できるようになります。工事前と工事中、工事完了後の写真などの提出も必要になります。補助金については、必ず設置業者に確認を取りましょう。

一括見積サイトで設置業者を見つける>>

補助金において注意すべき点

J-PEC太陽光発電普及拡大センターを通じて国から支払われる補助金を申請するために、特に気をつけないといけないのは、工事着工前に、「住宅用太陽光発電導入支援補助金」の申請申込書を提出し、補助金申込受理決定通知を受け取らなければならない、ということです。着工後は申請できません。通常は設置業者が代講してくれますが、依頼主もしっかりと確認しておく必要があります。
下記の一括見積サイトで設置業者への複数見積もりが可能です。

太陽光発電一括見積はこちら>>

余った電気を買い取ってくれる制度について

もう一つ、太陽光発電システムを自宅に導入することによって優遇されるのは、「余剰電力の買い上げ」です。通常、私達が電力会社から電気を供給してもらうと、1kwあたり22円の費用が発生します。つまり、1kwを22円で買っていることになります。しかし、太陽光発電で作られた電気で、使われずにあまった、余剰電力は、電力会社が1kwあたり42円で買い取ってくれるのです。つまり、1kwあたり20円の実質的な補助金が出る、ということになります。

工事の依頼は必ず一括見積もりサイトへ

太陽光発電の工事の依頼は、複数社に相見積もりを出してもらうのが鉄則です。
太陽光発電専門の一括見積もりサイトがあるのでそちらを利用すると、価格も抑えられ、結果的に時間の短縮につながるでしょう。
面倒な補助金の手続きなどを代行してくれる会社がほとんどなので、一括見積もりサイトをぜひ利用してみましょう。

太陽光発電一括見積はこちら>>